ヨギボーを買って失敗した理由とは?後悔しないための対策も!

ヨギボー 失敗
目次

ヨギボーを買って失敗したと感じた理由!

臭い!購入後しばらくは匂いが気になる

ヨギボーは、新しい製品を開封したときにプラスチック臭や化学臭がすることがあります。

これは、製造時に使用される発泡スチロールから放出される揮発性有機化合物によるもので、公式ホームページには人体に害がない事と、匂いが数日から数週間で自然に消えていくことが明記されております。

しかし、中には気分が悪くなったり、頭痛症状が現れる方もいらっしゃいますので注意が必要です。

明るいカラーは汚れが目立つ

カバー素材によって異なりますが、一般的には明るいカラーは、汚れやシミが目立ちやすい傾向があります。

ポップでお洒落な見た目が気に入ってご購入される方も多いかと思いますが、特に明るい色のカバーは汚れや色移りが目立ちやすいので注意が必要です。

例えば、飲み物をこぼしたシミや食べ物を落とした汚れ等は、暗めの色であれば目立ちにくいかと思いますが、明るいカラーではシミが目立ってしまいます。

ヨギボーの多くのカバーは洗濯可能であるため、カバーを取り外して洗濯機に入れる事ができますが、本体の方は洗濯不可となりますので、もしも飲み物等をこぼしてしまった場合は固く絞ったおしぼりで汚れを拭き取るなどの工夫が必要です。

明るいカラーを購入される場合は、汚れる事へのリスクに配慮して、予め製品の説明書やメーカーのウェブサイトを確認し、お手入れ方法を確認しておくことをおすすめします。

夏場はムレて暑い!

ヨギボーに使用されている発泡スチロールは非常に断熱性が高い素材であり、座った時に体にピッタリとフィットするクッションの構造を採用しておりますので、夏場に長時間座っていると接触している部分が蒸れて暑く感じる事があります。

蒸れる事が気になる場合は、通常カバーではなく、「ズーラカバー」と呼ばれる少し表面がザラついたカバーを選択する事も有効です。

ズーラカバーはアウトドア用途としても販売されており、表面がひんやりするので夏向きのカバーと言えます。

もしも予算に合うようであれば、夏用と冬用のカバーを2種類用意する事で快適に過ごす事ができるのではないでしょうか。

ヨギボーのサイズ選びを間違えた

ヨギボーはサイズが大きい事もあり、店頭で購入される方だけではなく、ネットショップで注文して配送してもらう方も多くいらっしゃいます。

しかし、利用者の方の中には現物を確認せずにネットショップで購入した為に、実際に家に現物が届いた時に想定していたサイズ感と違っていて驚かれた方や、店頭で一目ぼれをして購入するまではよかったのですが、実際に家に配置してみるとサイズが大きすぎて部屋のほとんどを占有してしまった。。。等のサイズ選びを間違えた事による後悔は一定数存在するようです。

ヨギボーは座り心地の評判も良く、インテリアとしてもお洒落なアイテムですので、勢いで購入してしまうケースも珍しくない様ですが、特にサイズ選びに関しては慎重に検討されることをお勧めいたします。

へたるのが早くて長くは使えない

ソファやクッション等と同様に、ヨギボーも使用する事によって劣化が発生します。

使用環境や頻度にもよりますが、おおよそ1年程度で新品時のふんわりした感触が無くなってくる方が多い様です

長時間継続して同じ面ばかり使用したり、ドスンと座る様な衝撃を与えると、中に入っている発泡スチロールビーズが潰れてしまい、劣化が加速する原因となります。

また、体格が良い方も注意が必要です。

SNSの書き込み等を見ると、体格の良い方は通常よりも発泡スチロールビーズが潰れる期間が短く、利用者の方の想定よりも早く劣化が進む可能性がありますので、購入される際は、家具の様に永く使用できるものではなく、劣化があるものだという認識を持たれる方が無難であるといえます。

快適すぎて堕落してしまう…

ヨギボーは、柔らかく快適な座り心地が特徴で、長時間休息していても疲れを感じ難い為、くつろぎの時間を過ごすのに最適であると言えます。

ただし、長時間同じような姿勢で座っていることによる健康面への影響や、くつろぎ過ぎる事による生産性への影響に関しては注意が必要です。

特にヨギボーに座って作業を行う場合には、適度な休憩を取り、正しい姿勢で座るように心がけましょう。

ヨギボーはくつろぎの時間を過ごすためのアイテムとして、とても有効ではありますが、快適な座り心地を楽しみつつも、適度な運動や生活習慣のバランスを取り、健康的な生活を送ることが大切です。

掃除機のとき移動させる必要がある

ヨギボーは中身が発泡スチロールビーズできていていますので、大きさの割には比較的に軽量です。

とは言っても、一番大きいサイズでは約8.5kg程の重さと、人1人程度の長さがありますので、掃除をする時などに移動させる場合は、女性の方や高齢者の方が1人で動かすには少し大変かもしれません。

部屋のサイズ感にあったヨギボーを選ぶ事は勿論ですが、掃除の時などには移動させる必要がある事も意識して選ばれると良いのではないでしょうか。

ヨギボーで失敗&後悔しないための対策

置く場所とヨギボーのサイズをしっかりチェックする

ヨギボーには様々なサイズや形状があり、使用目的や用途によって最適なサイズを選ぶ事が可能です。

下記にオフィシャルサイトに記載ある代表的なサイズをまとめさせて頂きましたので参考にしてみて下さい。

例えば、Maxサイズに関してはソファやベッドにもなるサイズ感ですので安易に選択をすると、収納スペースに困ったり、部屋の大部分を占有してしまうことになりかねません。

オフィシャルサイトには動画で分かりやすくサイズ感を想像できる様なページも用意されておりますので、動画やヨギボーショップ等を事前にご確認いただく事で、失敗を回避できるのではないでしょうか。

商品名サイズ 重さ特徴
Yogibo MaxH170×W65×D55 8.5kgソファはもちろん椅子やベッドにも。
Yogibo MidiH135×W65×D55 6.1kgワンルーム部屋にもピッタリ。チェアや二人掛けソファにも。
Yogibo ShortH135×W60×D55 5.0kgMaxの機能性をそのままスリムサイズに。
Yogibo MiniH95×W65×D55 4.4kgワンルームでも使えるコンパクトなサイズ。
Yogibo Lounger H80×W75×D85 4.9kgリラックスを追求した1人用ソファ。
Yogibo DropH75×W85×D85 6.0kgあなたを包み込む水滴型ソファ。インテリアの彩りに。
参考:ヨギボーオフィシャルサイトより

同じ色のヨギボーが欲しい場合は一緒に購入する

ヨギボーは原産国や製造工場によって、同じカラーでも色味が変わってしまうことがあるそうです。

そのため、例えば「Yogibo Mini」を2個セットで使用したい場合や背もたれとセットで使用したい場合は、購入するタイミングを合わせる事が望ましいと言えます。

高額な製品のため、とりあえずソファだけ・・・という形で購入を検討される方もいらっしゃるかとは思いますが、後から背もたれを別購入した場合は、色味が変わってしまうリスクを理解した上で検討する事が必要です。

汚れが目立ちやすい色は避けたほうが無難

可愛いポップなカラーが人気のあるヨギボーですが、明るい色は汚れが目立ち易い傾向にありますので、インテリアとしての見た目よりも実用性を重視される方は、汚れる事を想定して、汚れが目立ち易い色を避ける方が無難かもしれません。

ヨギボーの中でも人気が高い色で例を挙げるとすれば、ネイビーブルーやダークグレーがお勧めです。

ネイビーブルーは、リラックス効果や集中力を上げる効果もありますので様々な部屋に合わせる事が可能です。

また、ダークグレーは黒に近い灰色で、非常に落ち着いた色合いですので寝室等のリラックスしたい場所に設置するができるのではないでしょうか。

臭いが気になるときは換気&陰干しする

新品のヨギボーを開封したときにプラスチック臭や化学臭がすることがありますが、臭いの原因はヨギボーに使用されている発泡スチロールビーズによるものですので、使用する前にケアを行う事で、ある程度臭いを緩和する事が可能です。

開封時のヨギボーの臭いに関しては、最も多い不満の一つですので、お困りの際は下記の方法を試してみられてはいかがでしょうか?

  • ヨギボーを風通しの良い場所にしばらく置いておく。
  • 新品のヨギボーはカバーにも臭いが移っていますので、カバーを洗濯し本体を陰干しする。

へたってきたらビーズを補充する

ヨギボーは、約1年程でへたってきてしまいますが、ビーズのみを後から補充することが可能です。

補充用のビーズはネットショップ等で簡単に購入する事ができますので、ご自身の利用されているヨギボーのサイズに合わせて補充用のビーズをご用意されるのが良いかと思います。

補充方法としては、メガホン状に丸めた紙を本体に刺し、ビーズがこぼれない様にしながら補充します。

その際、こぼれてもいい様に新聞紙の上などで作業されることをお勧めいたします。

オフィシャルサイトにて、分かりやすい動画が配信されておりますので、参考にされてみてはいかがでしょうか。

ヨギボーの代わりになるおすすめ商品

無印良品 体にフィットするソファー

無印良品らしく、シンプルなデザインと幅広い年齢層に受け入れられる色合いが人気のソファです。

ヨギボーと同様に内部に微粒子ビーズが使用されておりますので、体型に合わせて変形して包み込まれるような座り心地が魅力の商品です。

商品名サイズ特徴
体にフィットするソファH43×W65×D65横置きでソファとして使ったり、縦置きで全身を伸ばして寝転んだり
体にフィットするソファ(小)H45×W45×D33座り心地は変わらず、軽量で持ち運びしやすいサイズに
参考:無印良品オフィシャルサイトより

また、ヨギボー程カラーバリエーションが多いわけではりませんが、カバーに伸縮性のある生地と伸縮しない生地の2種類の生地を使用しておりますので、置き方を変える事で異なる座り心地を楽しむ事が可能です。

引用:無印良品公式より

オフィシャルサイトによると、縦置きする事で、円状にひろがり深く沈み込んで全身をあずけられる事ができ(お昼寝に最適!)横置きする事で、腰から首までを包み込んで姿勢を保つことができる(読書やTV鑑賞に最適!)との説明書きがあり、シーンに合わせて座り心地を変える事が可能です。

ニトリ ビーズソファー(Nストレッチ)

お値段以上のキャッチコピーでお馴染みのニトリからも内部に微粒子ビーズを使用したソファが発売されております。

引用:ニトリ公式HPより

キャッチコピーの名に恥じず、他のメーカーと比較して安価に提供されておりますので、購入金額を抑えたい方に特にお勧めの製品となります。

また、ニトリは全国に店舗が展開されておりますので、座り心地やサイズ感を現物で確認しやすい事も魅了と言えます。

商品名サイズ特徴
Nストレッチ本体(大)H45×W65×D65大き目サイズで、ゆったりくつろぎたい方に
Nストレッチ本体(標準)H35×W50×D50伸縮性のある、なめらかな生地で体のラインに気持ちよくフィット
Nストレッチ本体(ミニ)H40×W40×D27座るだけじゃもったいない!スツールとしてもおすすめサイズ
参考:ニトリオフィシャルサイトより

Mogu 三角フィットソファー

ヨギボーは「人をダメにするソファ」というキャッチコピーの通り、快適に座ることに重点を置いた製品です。

引用:楽天サイトより

一方、MOGUは介護ケアクッションや姿勢体幹サポーター等も販売している会社ですので、座り心地だけではなく姿勢や心の安定効果にも焦点を当てた製品開発が行われております。

今回ご紹介ご紹介させて頂く、三角フィットソファーにも他社にはない魅力がつまっております。

  • 座ると三角の角にビーズが集まり、肘置き、背当てを作ってくれる!
  • 一辺の長さが長いので、お尻から頭までしっかりと支えてくれる!
  • 四角よりもカドが1つ少ない為、部屋の隅にも収まり形状です!

柔らかいクッションなどは腰が沈み込み過ぎる為、腰が曲がってしまい、長時間座る事で逆に腰を痛める可能性があります。

特にビーズクッションには腰を柔らかく包み込む様な形状のため、姿勢が固定されてしまい、腰だけで上半身を支える事になりかねません。

しかし、Moguのオフィシャルサイトには、ソファが沈み込み過ぎない様に縫製に工夫が施されている旨の記載があり、実際に口コミでも「腰痛症を持っていますが、長時間座っても腰が痛くならなかった。」という書き込みがありました。

ビーズクッションに興味があるが、腰痛などの健康面に不安がある方がおられましたら、Moguの三角フィットソファーも選択肢の一つとしてご検討されてみてはいかがでしょうか?

商品名サイズ特徴
三角フィットソファーH45×W88×D88座る・もたれるは、「三角」がちょうどいい!
参考:Moguオフィシャルサイトより
\楽天スーパーセール開催中!/
楽天市場

山善 ビーズクッション

家具や家電で知られている山善ですが、ビーズクッションも販売されていた事をご存じでしたでしょうか?

引用:楽天サイトより

お馴染みのネームバリューですが、ビーズクッションの価格も比較的にリーズナブルに抑えられておりますので、ヨギボーと比較して購入の検討をされる方も多い様です。

山善には他社にはない形状のビーズクッションがラインナップされています。

商品名サイズ特徴
ビーズソファ(大)H45×W155×D70ゆったり幅で、ソファにもクッションにも
ビーズソファ(ひょうたん型)H43×W110×D55包むような座り心地 ひょうたん型特大サイズ
ビーズソファ(四角型)H43×W65×D652つの生地で心地の良いビーズクッション
ビーズソファ(ロール型)H20×W120×D20抱き枕にもできる!長細い形状
参考:山善オフィシャルサイトより

アイリスオーヤマ ビーズクッション

引用:楽天サイトより

アイリスオーヤマからは、内部に使用するビーズにこだわった製品が販売されております。

ヨギボーの注意点でも上がっておりました、ビーンズ特有のプラスチック臭に配慮して、臭いの基となる薬剤を使用せず、ビーズを生産した後も臭いを飛ばす為に一定期間、放置期間を設ける等の対応がされております。

また、ビーズも国内産の粒が大きくなめらかなビーズを採用しておりますので、品質面からも安心感があります。

臭いが苦手な方やお子様にも安心してお使い頂ける仕様となっております。

商品名サイズ特徴
ビーンズMAXH160×W75好きな時に好きなスタイルでリラックス
ビーンズMAXスクエアH42×W82×D82おひとり様向けのスクエア型クッション
参考:アイリスオーヤマオフィシャルサイトより

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はヨギボー購入時の失敗談と対策、また類似の代替え製品についてご紹介させて頂きました。

ヨギボーは高額な商品ですので、できるだけ購入後に後悔しない様に、事前の設置環境の想定と定期的なケアが必要になる事を予め把握する必要があります。

また、特にヨギボーに強いこだわりがなく、ビーズクッションを試してみたい!という方であれば他メーカーでリーズナブルな類似商品が発売されておりますので、そちらを検討されてみてもよいかと思います。

座り心地の良さから、根強い人気のビーズクッションですので、メリット/デメリットを把握してぜひ一度、試されてみてはいかがでしょうか。

適切に使用する事で高いリラックス効果を得る事が期待できますので、あなたの生活に無くてはならない癒しを与えてくれるアイテムになるかもしれません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次